幸子の家系

子育てに奮闘中です。 自分の感じたこと、やっているおすすめなこと、気になった物、自分が使っている物を紹介していきたいと思っています。

今日は主のsantaです

今回は、夫に育休を取ることができたのでその点についてのメリットについて話したいと思います😊


①夫婦一緒に0からスタートできる

お互い看護師をらしているので案外行けるかなーっとら思ったりもしましたが活躍したのお持つ交換位でした。赤ちゃんのお世話は当然ながら何かと多く、覚えることが沢山でした。

特に産後1ヶ月ほどは、授乳、沐浴、寝かしつけと、初めてのことの連続です。育休を取って夫婦一緒に育児をスタートできたことは、夫婦間の育児レベルの差を生まずとても良かったと感じています。

よくある「なんでできないの!?」という状況を生み出さないことはお互いに無駄なストレスがかからないからいことは大切ですね。また、夫も父親としての自覚を育みやすと思います。

②子ども、家族と一緒にいる時間が増える

休みを取れば家族の時間が増えるのは当たり前ですが、単純に時間量が増えるだけでなく、勤務時には過ごせない時間を経験できます。子供の成長は目まぐるしいものです。特に一歳になるまでは毎週違う一面をみせてくれほどは毎日成長しますので、その感動や共有できるのは、家族にかけがえのない財産となると思います。

また、待機児童がニュースになるように、保育園探しには苦労します。そのことに関して夫婦でじっくり話せる時間があるのはとても心強いことですね。

③夫婦それぞれで自分の時間を取れる

夫婦で育休を取ることで、子育て中で自分一人で過ごす時間を増やすことができます。私にとっては心身を休める時間を取りやすいため、余裕を持って育児に取り組めること大きなメリットです。

また、産休・育休中に資格の取得など時間をさらに有意義に使うことできます。


まとめ
育休は基本的に1年で終わります。仕事復帰不安がつきもの。特に両親が近くに住んでいない場合は夫婦で育休を取ることでお互いの不安を解消し少しでも家族の状態を共有しましょう。

家庭内不安と仕事の不安二つもあると身体がとてもしんどくなりますよ。


次回ももう少しこのことでお話ししたいと思います。

こんにちは主のsantaです。

何とか書き始めて1週間。三日坊主はどうも抜けれているみたいです。

私ごとですが今まで続けられないことがたくさんありました。それも厄介なのが形から入るため無駄なものが沢山😢

続けるために必要なことがわかってきたので、私なりの考え方を紹介します。

継続に必要な3要素はこちら。

・無理をしない

・自分が楽しいと感じること

・新鮮な気持ちでいられること

どれも簡単にできることなので、「始めたけど続かない…」「これから続けていけるか不安」という人は良かったら見てみてください。

 
当然ですが無理をしているといずれ続けられなくなります。当たり前のことだけど、無理をしている人は多い気がする。自分も含めて

私の場合はこういうことに気をつけています。

・睡眠時間を削らない

・一気に書き切ろうとしない

    ・新鮮な気持ちを持つ



    睡眠時間が減ると、起きても疲れが取れないし、昼間も眠いしやる気も起きません。不規則な生活だと体調も崩しやすくなります。

例えばブログを書いていて日付を越えそうになったら、完璧を求めずに更新して寝る。完璧さを追い求めても自分はそもそも完璧な文章は書けないし、布団でゆっくり眠ることが幸せなので、睡眠時間は削らないようにしています。

これは、睡眠時間を削らないにもかかっていることばなのですが、一気に書き切らず一旦置くとあっ!こんなことも書いてみよう、文章はこっちにした方が良いかもと新しい閃きと出会うことができることが多いです。
ただし!やっぱり気持ちが乗っているときはその気持ちのせて書くのもとても良いことだと思います。勢いのある言葉は時に整っている文より心に響くことがあるものです。


そして最後に新鮮な気持ちをもつこと。これはとても難しいことで。多くの人が抱えるマンネリ化を感じることが多いと思います。

考え方として、自分が感動するものは何か?を見つけること。

私の場合は観たり、使ったり、触ったりすることで刺激を受けてこれを書いてみたいと感じて書くことに拘るようにしています。
自分が「続けたい」と思えないと続かない。小さな感動でも、それが「続けたい」と思う原動力になります。
楽しさでもなく簡単さでもなく、自分が感動できるものを選んでみてください。

加えてこれまで触れてこなかったものに触れる。理由は何でも良いと思います。言ってしまえばブログを書くためでと良いと思います。

自分の想定内、もしくはそれ以下のことを続けていると飽きてしまいます。

「新しいものに触れよう」とか「たくさんの情報に触れよう」というのではなくて、「これまで触れてこなかったものに触れる」。

自分の想像を自分で超える。なんとなく「いいな」と思ったもの、気になる人、やってみたかったことに触れてみる。そうすると、また一つ新しい発見か見つかり気力にも繋がると思います。

想定外のことは意外とおもしろい。無理して続けるのではなく、いろんなものに触れながら自然と続けていられたら素敵だと思います。

たった1週間ですが、今は楽しくかけています
この気持ちを大切にブログを更新していきたいと思います。


こんにちはー主のsantaです

少し立て続けなのですが、自分が長く使っているBang & OlufsenのBeoplay H5 のレビューをしたいと思います。

どうなんでしょうか?
自分はB&Oが好きなのでどの程度の認知度なのかが分からないで簡単に紹介
Bang & Olufsenは高級オーディオメーカーです。。。笑
簡単過ぎですよね-。
正直主の自信歴史は全くしらないで今回を気に調べてみました。

1925年にデンマークで創業したオーディオビジュアルブランド。たしかな技術、クラフツマンシップ、時代を越えたデザイン、そして人間工学に基づいた快適な操作性を融合した製品を世に送り出す。 

みたいです。
高いものは100万を簡単に越してくる値段がしますよーーーーーー

そんな高級オーディオメーカーがたしている
イヤホンがこれです。

自分が使っているのはBeoplay H5なので↑のは一つ新型になっています。
新型を語る前にどんなイヤホンなのか説明します。


Beoplay H5はBang & Olufsenが初めてBluetoothイヤホンとして出した商品となります。

・Bluetoothイヤフォン
・フル充電で約5時間の連続再生が可能
・BANG & OLUFSENが誇る高品質なサウンド&デザイン

ということで充電も確かに4時間程度は流しても持っている印象があります。
音はBang & Olufsen製品ほぼ精通しているのですがかなりシャープでフラットに効くことができ上品ですね。
ビーツのようにズンズカズンズカしないですね!あれはあれで好きなのですが。

何よりデザインがシンプルですきです。
これが何よりだと思います。

ではここから悪いところを書いていきます。
やはりあります。

箇条書きすると
・特有な専門充電器
・タッチノイズが酷いときがある
・耳の装着感が良いとはいえない

この三つは使えば使うほどなんだかなーっと
なる要素です。
専用充電器はかさばる!これのことです。
FullSizeRender

この四角のデザインがかさばる!笑


タッチノイズは曲を流しているときにコードに触れたり触ったりするらずざーーーって聞こえます。
装着感はたまに耳からポロって落ちます。笑

その点が少し改善しているのが先ほどの新型みたいですね。
しかし変わらず専用充電器(小さくなった)の使用、タッチノイズは大きく変わらず、耳の装着感は良くなったとのこでした。
加えて防塵が加わったみたいですね。
一度私も家電量販店で観てきたいと思います。


 色々悪い点をかきましたが、やはり私はBang & Olufsen製品のデザインが好きで毎回の限定カラーはホントにセンスがあるなーと関心します。


ーまとめー
現段階でこれが絶対おすすめといことはいえないと思います。ですがデザインが気に入ったかたは是非一度聴いてみて下さい!音質は充分満足がいくものだと思います😃
他にもBang & Olufsenをいくつかもっているのでレビューを書いていきたいと思います。

少ないんですよね。書いている人が。


質問などがありましたら、分かる範囲でお答えします。
応援よろしくお願い致します😊


このページのトップヘ