幸子の家系

子育てに奮闘中です。 自分の感じたこと、やっているおすすめなこと、気になった物、自分が使っている物を紹介していきたいと思っています。

こんにちは主のsantaです😊


皆様母の日は何かプレゼントをしましたか?

私はというと、お米を母にプレゼントしました。笑

本当は近くにすんでいればお花をプレゼントしたかったのですがちょっと遠いので良いお米をプレゼントしてみましたが!!届いたはずですが何の連絡もない。。おかしいですねー

しかし子供が産まれてから何故か親へ感謝をしようという気持ちが強くなりました。

これは、自分が親になったことでの心の変化なのでしょうか。


では今日次来る父の日のプレゼントについて考えてみたいと思います。

母の日のプレゼントといえばお話ししたようにお花をプレゼントを考えている人もいますよね。最近では、紫陽花をプレゼントする人も増えているのだとか。

では、父の日にプレゼントする定番の花は考えたことはありますか?

 結論から言えば、カーネーションほど定番のプレゼントではありませんがあります。

その由来がこのファーザーズ・デイ委員会が行った黄色いリボンキャンペーンが元となって、黄色いものを贈るのがメジャーとなっているようです。アメリカでも、黄色は愛や尊敬を表すカラーで、ドット夫人がお父さんに贈っていたバラと黄色を組み合わせて、黄色いバラを贈る方が多いようです。



「父に花を贈るなんて、照れくさい。」という方には、季節的にもひまわりとかが良いと思います。ひまわりは大きくて、太陽に向かってぐんぐん伸びていくひまわりは父のイメージに重ねることも出来ると思います。それにやはりインパクトもあります素敵でだとおもいます。


 また、黄色にこだわらないなら、観葉植物がおすすめです。花は手入れを怠るとすぐに枯れてしまいますが、観葉植物なら水を時々あげるだけですよ。



終わりに

 父の日の由来、プレゼントに適した花を紹介しました。

 父の日は母の日の後にできました。アメリカのドット夫人が、お母さんはもちろん、お父さんにも感謝の気持ちを示すべきだと考え、父の日をつくるように教会に嘆願したのが始まりです。

 アメリカでは黄色いバラを贈るのが一般的ですが、日本では花を贈る方はまだまだ少ないです。「父に花を贈るなんて、照れくさい。」という方には、ひまわり観葉植物がおすすめですよ。

 父の日の由来を知ると、父親に対する感謝の気持ちが増しますね。中々感謝を伝える機会がないのでこのような機会に普段のに感謝の気持ちをしっかり伝えれるといいと思います。


こんにちは主のsantaです😊

皆様子育て本は読んだことあります。種類や値段など本当に多くの子育てに関する本が多くありますよね。
今回は私が呼んだ本でおすすめ出来ると感じた本を紹介したいと思います。
育児・子育て本選びの参考になればと思います。あくあで私の主観100%です。

ダンナのための妊娠出産読本(懐妊後すぐ)
育児・子育て本とは違いますが、奥さんがご懐妊されたら購入して下さい。かなりおすすめです。

妊娠がわかったらダンナさんはすぐにこれを買おう!!
実用性もあり、妻への印象もあっぷ。笑

  • 妊娠の全体の流れをつかんだ上で、だんなとしてすべきことは何かがわかれば、その距離感がすこしはつかめると考えます。(P.4)

はじめに、で述べている部分ですが、奥様の状態がわからないからいろいろ問題になったりするんだと思います。

・なぜマタ旅がだめなのか?
・タバコ・お酒の害
・お産のリスク

など、親になるダンナさんの心構えをしっかりと学べます。
新書のため、お値段以上の価値は絶対にある本なので、ダンナ様は是非読みましょう。

ちなみに、著者は漫画、「コウノドリ」のモデルになった産婦人科です。
「コウノドリ」も参考になるので、夫婦でご覧になられるといいと思います。
ドラマ化もされて一時話題にもなっていましたね。ちなみにプライムでもみることができます。



はじめてママ&パパの離乳食(4ヶ月頃)

離乳食前に必ず離乳食本は読んでおこう!!

離乳食ですが、だいたい5か月頃から始まります。
当時、妻が離乳食教室や他の育児本にのっている離乳食欄を読んでいたので、はじめは持っていませんでした。

栄養士さんの講座などにも通いましたがやはり手に持って置きたいものです。

離乳食は、調べなければならないことが多く、1回の教室や育児本にあるような、1コーナーでは把握しきれません。
ネットで調べるのも時間がかかるのでおすすめしません。

そのため、絶対に離乳食を始める、4カ月頃に離乳食専用の本を買うことをおすすめします。

はじめてシリーズは3冊購入していますが、実用性ナンバーワンはこの本です




できれば読んでほしい育児・子育て本
はじめてママ&パパの育児(出産9ヶ月頃)

出産前に読んで準備を整えよう!!
月齢別で赤ちゃんの発育・発達について書いてあります。

後述する、ひよこクラブ等でも似た内容を特集していますが、網羅されてるのはやはりこちらの本です。

はじめての育児で右も左もわからないという方は絶対に買った方がいいと思います。

発育・発達以外にも、

・日ごろのお世話
・母乳・ミルクについて
・離乳食・幼児食
・生活習慣・しつけ
・予防接種
・病気・けが

なども、さらっと書いてありますので、参考になるかと思います。


子育てハッピーアドバイス(出産9ヶ月頃)
子育ての心構えを学べる本!!

「輝ける子に育てるために、大人ができること」という、どのように接すればいいかがイラストつきで、わかりやすく書いてあります。

ベストセラーの作品のため、大変読みやすかったです。
10歳ころまでのことを書いてありますが、乳幼児期についても記述があり、

・抱きぐせについて
・怒ることについて

など自己肯定感の大切さを説明していますので、是非よんでほしい本です。

私の子供は現在8ヶ月ですが、ある程度このように先の本も読んでいると今後どのように接することが
いいのかイメージできるので前もって購入しても損はないと思います。

必ず通る道でもあると思うので。
他にもたまごくらぶなどの雑誌もありますがあちらは名前の通り雑誌ですね。
こんなアイテムもあるんだーという時に見ていただくにはいいと思います。
以上になりますが、これらの本は書店で簡単に見つかります。是非まずはのぞいてみていただきたいです。


今日は主のsantaです😗
昨日育児休暇習得のメリットをお話ししましたが今回はデメリットの部分を話したいと思います。

やはりしっかりとデメリットも理解しないと後々後悔することあります。
では実際にどうゆうデメリットがあるのか紹介していきたいと思います。

収入が減る

育休を取る上で、一番気がかりなのがお金関係。どれくらい収入が減るのか、休んでいるだけあってもちろん収入は減ります。

また、会社によって制度が違いますので、各々経理の人に聞いて頂くのが一番だとた思います。一応例としてこんな形があるよーと紹介します

180日以内であれば67%(社会保険料免除を考慮すると手取りの70~80%程度)、181日以降も50%の給付金が発生する

私の場合は育休時に減った手取り収入は約2万円で、逆に手に入れた時間は120時間。1万円で60時間子どもとの時間が増えるなら、この時間が安いか、高いかは家庭によって下があると思いますが私の場合は安いと感じて習得に踏み切りました。

お金は重要な問題。生活費を試算するなどしっかりと検討することが重要です。


家事・育児の再分担する必要がある

意外と多いこの問題、家事や育児の分担について夫婦喧嘩になるというケース。「家にはいるけど何もしない!」これはもう子育ての代名詞といほど聞く言葉だと思います。育児休暇習得をしたからといって夫がやってくれるとも限りません。また、逆に「せっかく手伝っているのに!」と夫がはの意見もあると思います。

ですのしっかりと夫婦の役割分担することでトラブルを回避しすることが重要です。もともと共働きで家事は分担していたので比較的問題かってすが、育児については日中、夜、夜間、それぞれ息子と過ごす主担当を割り振り、各自の時間を決めるました。


仕事において昇進に影響が出る可能性がある

そして、仕事面で一番気になるのは育休を取ることによって”昇進が遅れる、出世できなくなる”こと。

悲しいことに、未だ人によっては育休を取ることでマイナスイメージを持たれ、昇進が遅れたりすることはあるようです。今時…という気持ちもありますが確かなデメリットです。私の場合も1番気がかりだったデメリットは昇進への影響です。しかし、”会社”か”社会”か、どちらでキャリアアップしたいかを考えた時、会社内の昇進があまり重要ではなくなりました。昇進を必死で優先するよりも、育児・育休を経験し視野を広げる方が今の私にはプラス。”会社”の枠をはずしたとき、多用な経験やスキルが面白い仕事に繋がるように選択しています

これは会社側の社風や仕事に対する考え方などで違います。一生が関わる問題なので、家庭内だけでなく会社ともよく話し合って結論を出しましょう。

どこを重視するかがポイント

これらのメリットとデメリットを割合で考えるとこと、そして優先順位をつけることがいいとおもいます。

これは各家庭によってメリットやデメリットは状況によって感じ方が異なると思います

ですのであくまで参考にしていただいてこんなことがあるのかー!っととらえて頂けると嬉しいです。

育休を取ることで、家族にとってかけがえなのない時間が増えることは間違いないですが、そのデメリットもさまざま。育休の検討している場合にはどの点を重視するのか夫婦がお互いに納得のいく形が一ストレスにが少なく赤ちゃんと楽しく過ごすことが出来ると思います。



このページのトップヘ