幸子の家系

子育てに奮闘中です。 自分の感じたこと、やっているおすすめなこと、気になった物、自分が使っている物を紹介していきたいと思っています。

最近ブログ更新のモチベーションが下がってきたんです。

「無理かもな」と思ったのすが、結論のんびりやろう!

今はモチベーションを高く保てているわけではないけれど、その状態でどうやってブログを更新していくのか考えてみました。

モチベーションが下がる理由は、

  • 小さい無理が積み重なった
  • モチベーションが下がる周期がある

だと思っています。

ブログのモチベーションが下がった理由は分かっていて、

  • 記事のストックができていないので、毎日ちょっと無理をして更新していること
  • 「質の低い記事をたくさん書くよりも、じっくり考えて良質な記事を目指したほうがいいんじゃないかなあ」と考え始めたこと

これらが重なって、モチベーションの維持が難しくなりました。

「今日はもう無理かも…」と思う日もしばしば

モチベーションが下がる理由がわかっていたので、対策を考えてみたら「それなりでいいから続けようかな」と思うことができました。

具体的な対策は

  1. 「それなりでいいかな」と思う。完璧を求めない。
  2. 時間がある時にネタを考える&記事をストックする
  3. ライターの仕事は無理のない範囲で再開

特に気分的な落ち込みが理由でモチベーションが下がる時はどうしようもないことが多いですが、

「記事のストックがないから毎日ネタを考えるのが大変」という理由なら「休みの日にストックしよう」と具体的に対策を考えることができる。

なので記事のストックに注力しようかな、と思っています。

どうしてもモチベーションが下がる時がある

特に何か理由がなくても、モチベーションが下がる時期はあります。

私の場合1か月に一度は気分が下がる時期があります。そういう時期があることは分かっているので、「あーこの周期がきた」と思って自分の心地いい環境をつくるようにします。

好きな音楽を聴いたり、好きな本を読んだり、だらだらしたり、「好きだなーこの人と話すと元気でるなー」って人と話したり。

どうしてもモチベーションが下がる時期はあるので、自分を適度に甘やかしながらやり過ごすといいかも。

そんな感じでのんびりと更新していきます。

よろしくお願いします。

こんにちは主のsantaです。

伝えることの難しさ。正直私はタイトルの通りわかる人にはわかるんだよなー😏にやりタイプです。

さらにわかる人にはわかる物が大好きです。笑いろんな場面で「わかる人にわかればいいや」 「自分が知っていればいいや」と思ってきました。

でもレビューを書こうとした時、それじゃダメだと思ったんです。

わかる人にだけわかればいい、届けたい人に届けばいいという気持ちは結局のところ誰にも届かない感じました。

簡単に言うと他人に伝える能力がない!!!レビューというのがこの機能わかる人には凄くいんだよねーだと完全に破綻していますよね。なんのレビューなのか今一度考える機会をいただけて思っています。

これは文章を書く時だけじゃなく、仕事や日々の生活の中でも当てはまると思います。

誰目線で書くのか、伝えるのかを考える

わたしは今まで自分のことばかり考えていました。でも誰かに文章を読んでもらいたいと思ったら、その“誰か”を一生懸命考えて書かないといけないなと思ったんですね。

“誰か”とはできる限りどのような人につてるのか具体的に決めたほうがいいと思いました。
単にイヤホンを知りたいといっても形、音質、色、メーカー、値段などその人のこだわりは
千差万別です。

なので少しでもイメージしながらかく気持ちのこもった、伝わる文章になるのではないかと感じました。

とりあえず書いてその誰かに届けることを目標としていました。その人にだけ届けばいいと。だけど書いているうちに、「本当はたくさんの人に読んでもらえたら嬉しいし、できるだけ多くの人に読まれるような工夫をしたい」と思っていることに気づきました。

胸を打たれる文章は、届けたい人が明確で気持ちがのっている。

その中で、できるだけ多くの人に読まれる工夫をきちんとしていたり、どんな人が読んでも楽しめるアイデアが散りばめられたりしています。

《大事なのは、届けたいたった一人を想像していても、みんなが楽しめるように書くこと。》

よくばりですがこれを目標に記事をかけたらいいなーと思いました。
ぼんやりとした不特定多数に届けたいわけではないし、八方美人になりたいわけでもないけれど、  みんなが楽しめる、みんながわかる文章を心がけていきたいな。 

そのためにも、今まで気持ちが自分に向いてばかりだったけど、外側に気持ちを向けていこう

「わかる人にわかればいい」という独りよがりをやめて、もっとまわりをみて視野を広げてかければいいなと今回レビューを書いてみて感じることができました。


こんにちは主のsantaです😊

現在私の家には生後7か月のメンズがいます。

そして、このころに闘うのが離乳食ですね。赤ちゃんも前歯が生え始めてきてかわいいですね!痛いけど。

やはりみな感じるところは同じだと思うのですが「じっとして食べてくれない」部分だとおもいます。

まぁ、個人差はあるでしょうけど、5分ぐらいすると我慢できずに動き出しますよね〜。

持っている方も多いと思いますが、私の家ではバンボがありますので、バンボを使って食べさせよかなーと思っていました。実際に家族や友人たちが使っている話も聞きましたが、家にあるモデルが古いモデルだとわかり、どうも抜け出せちゃうことがあるみたいでした。

動きが盛んになってくると中々バンボだけでは難しいく感じることがあるみたいです。

何かチェアーをと考えていたところで

IMG_2037

夫が職場から出産祝いで頂いてきました。
こんなに素敵な者を頂いていいのかと疑いましたが、職場の皆様ありがとうございます。
大切に使わせて頂いております。

そこで僭越ですが使っていてどうだったのか書いていきたいたいと思います。

まず頂けたものが
Inglesina ファスト テーブルチェアになります。
こんな素敵なメーカー様の頂けるなんて。

そして
最初に率直な感想から

ほぼ不満なし!!とても素敵!

です。

ではまず素敵と感じた点から
  • 食事用のスタイを着用してもどうしても食べこぼれ、食べ物が溢れが起きてしまい、座面にぽたぽた落ちてしまうのですが骨組みと布部を分解して丸洗いできるため、清潔に使えます。
  • デザインがステキです。やはり、お店でチェアーを観ることがあるのですが値段相当ということがよくわかります。記事の質感や色合いが私はとても気に入っています
  • 機能面が充実している。先ほどお話しした分解、そして背面のポケットも、スタイを 4 枚は収納できるため、非常に便利です。専用トレイもついているためお店でも安心して使えます。


次に気になった点。

  • カチャッとはめるベルト部分が固くてはずしにくい。これは、誤作動がないようにのためなのでしょうか?子供がし自分で外さないように敢えてこの形なのかなと思いますが固いです。
  • 前のベルトに結構食べ物がかかってしまうので、その部分のカバーが付属していたら嬉しかったです。
  • 座面から落下防止用のベルトが出ていますが、丸洗い後の組立でベルトを途中で気づいたので良かったですが普通に防止用ベルトを上手くつけれていなくても完成してしまうので、何かあればよかったなと思いました。

私の家ではローテーブルで使っているのですが、固定やぐらつきも一切問題なく使用出来ています。
ファーストチェアーとしては最適だとおすすめできるものでした。




このページのトップヘ